宮城県仙台市オール電化住宅ならテクノハウジング(さいとう建設)

初めての家づくりは不安や、疑問がいっぱいありますよね。
ここにないご質問、分からない事などありましたらお気軽にこちらからお問い合わせ下さい。

   


Q.  無落雪屋根ってどういうの?
Q.  IHって、何?
Q.  エコキュートって? 
Q.  坪単価って?
Q.  耐震等級3って?
Q.  シックハウスって?
Q.  メーターモジュールって?
Q.  テクノビームって何?
Q.  テクノビームは錆びないの?
Q.  鉄骨造と何が違うの?
Q.  どうして梁だけ鉄を使ってるの?
Q.  木造住宅が好きなんだけど・・・
Q.  木と鉄って合うの?
Q.  なぜ鉄を木で挟んでいるの?
Q.  通し柱がないけど大丈夫?
Q.  白アリ対策については大丈夫?
Q.  テクノストラクチャーってどうゆう意味?
Q.  鉄骨の家は木の家に比べて火に弱い?
Q.  換気スペーサー工法で冬寒くないの?
Q.  内断熱と外断熱ってどっちがいいの?
Q.  テクノストラクチャー工法のデメリットはないの?



● 無落雪屋根ってどういうの?



一般の無落雪融雪屋根では、融雪用設備として電熱ヒーターなどで融雪していますが、ランニングコストや地球温暖化の観点から、決して好ましいものとは言えません。


無落雪屋根によるメリットは

①隣地に雪を落とさないので、狭い敷地を有効活用できます。

②雪下ろしを必要とした場合でも、一般住宅より作業の危険性が低くなります。

③外気が仮に-10℃だと、雪中は-2~3℃といわれ雪も一つの断熱材といえます。融雪は下から行うので、凍結の恐れがありません。

④排水管は屋内に配管するので、凍結しません。

⑤融雪のため新たなエネルギーを必要としません。
無落雪屋根イメージ1

無落雪屋根イメージ2

 

● IHって、なに?



■ IH調理器とはインダクションヒーテング(電磁誘導加熱:IH)のこと。
1947年米国のWH社(Westing,hous)によって一般の調理用に導入された。日本では、1971年に商品化され”安全、清潔、便利、経済性”を特長として”炎”のない、非常に安全性の高い機器として発売されました。

■ 原理磁力発生コイル(誘電加熱コイル)に電流が流れると磁力線が発生し、この磁力線が金属の鍋を通る時、うず電流に変わり鍋の電気抵抗によって、発熱します。

3~4人家族で1ヶ月あたりのIHクッキングヒーターの電気料金は1500円くらいです。
火を使わないので吹きこぼれによる立ち消えやガス漏れの心配がありません。
炎が衣服に燃え移るということもありません。

 

● エコキュートって?



■ エコキュートは、大気から吸熱するヒートポンプ技術を採用した電気給湯器です。
オゾン層破壊係数がゼロで、加熱能力にもすぐれた自然冷媒(CO2)を利用することで、環境にやさしく、効率よくお湯を沸かすことができます。エネルギー効率が高いほか、割安な夜間電力を使用することにより、ランニングコストを抑えることができます。ただし、器具本体は電気温水器に比べると高いです。
(エコキュート導入補助金制度というのがあります。2009年度の補助金は41,000円でした。) 
  「日本エレクトロヒートセンター」のサイトはこちらから


例えば、370リットルで比較すると ヒーター容量kw×通電時間8h(やりくりナイト8の場合)×30日(1ヶ月)
● 電気温水器 5.4kw×8h×30日・・・1,296kw
● エコキュート 1.8kw×8h×30日・・・432kw

 

● 坪単価って?



■ お肉であればグラム○○円、自動車ならば一台いくら。
坪単価を表示してあるとお客様は、延べ床面積×坪単価(円)=住宅価格と思われるかも知れませんが、必ずしもそうではありません。(おおよその目安にはなると思います)

例えば、住宅の場合、延べ床面積が同じ場合でも1棟1棟プランが違います。立方体や直方体のような住宅の場合とL字形などの出隅・入隅のある住宅の場合、外周の長さ・柱の数・外壁の長さ・屋根面積が異なります。あとはハウスメーカー&工務店の付帯工事には何が含まれているのか?などの確認も必要だと思います。
( もちろん弊社でも目安としての坪単価は申し上げております。
 )

お客様が信頼できる・施工例に惹かれるなどした工務店にプランと見積りを出してもらう方が確実だと思います。

また、見積りを数社からもらうというのも全く同じ工法・プラン・仕様設備というのもないので、見積りをもらい過ぎてわけがわからな くなる・・・よりも、絞った方がいいと思います。

住宅ローン返済例はこちらから

 

● 耐震等級3って?



■ 住宅品格法の性能表示制度には 耐震性能を示す等級 があります。
等級の数字が大きなほど、耐震性の高い住宅という目安です。
等級1は、建築基準法で定められた基準なのに対し、等級2や3はさらに大きな地震に耐えられるという基準です。


等級1: 数百年に一度発生する地震 (東京を想定した場合では震度6強から7程度に相当します。) による力に対して倒壊・崩壊せず、数十年に一度程度発生する地震による力に対して損傷しない程度。

等級2: 等級1のそれぞれの力の1.25倍の力に対して倒壊・崩壊・損傷を生じない程度。

等級3: 等級1のそれぞれの力の1.5倍の力に対して倒壊・崩壊・損傷を生じない程度。

※テクノストラクチャー工法の住宅は「等級3」(最高等級)です。
耐震等級

 

● シックハウスって?



■ホルムアルデヒドはアレルギーなどの不快な症状を引き起こす原因ともなります。

テクノストラクチャー工法ではJAS・JIS大臣認定規格におけるもっとも厳しい基準の 「F☆☆☆☆」 に相当する低ホルムアルデヒド部材を使用しています。 


ホルムアルデヒド発散建築材料の区分と表示記号
イメージ

 

● メーターモジュールって?



■ 一般的な尺モジュール(910mm)有効幅約780mm。メーターモジュール(1000mm)有効幅約870mm。
約90mmゆとりがあります。

廊下・階段・トイレを想像してみてください。
90mm広ければ手すりを付けても余裕があります。また居室では広さが約20%アップしますので、ゆったりしています。

■ 弊社ではその余裕部分を利用して和室の場合には床にフロアー部分を設けて、オール電化住宅の場合にはそこに蓄熱暖房機を設置しています。押入れも奥行き・幅に余裕があるので、布団をしまう時にラクです。

メーターモジュールのイメージ 尺モジュールのイメージ
メーターモジュール 尺モジュール

 

● テクノビームってなに?



木造住宅で大きな負担のかかるの部分に使う部材の名前です。
10cm×20cmのH形の鉄骨を芯材に、上下を10.5cm×4.5cmの集成材ではさんだものです。
2階の重い家具やベッドの力もしっかり受け止め、住宅のゆがみをなくします。

■ テクノビームには兄弟がいます。
ミドルテクノビーム / スーパーテクノビーム  / ハイパーテクノビームです。



● テクノビームの特徴は?



芯材に鉄骨を使っているのが特徴です。
鉄骨を用いることの最大の利点は経年的な劣化をおこさないことです。木の梁ですと何年か経つとどうしても上からの重量によって「垂れ」てきます。

これにより、下の階のドアやふすまの開閉がしづらくなったり、2階の床が歩くたびに「ギーギー」鳴ったりしてしまいます。
(これでは家が衰えていってるみたいで嫌ではないですか?)

それが、鉄骨を用いますと何年経っても垂れてきませんので、ドアもふすまも2階の床もいつまでも新築気分で生活することができるのです。
テクノビームイメージ 

 

● テクノビームは鉄なのに錆びないの?



■ 錆からテクノビームを守る溶融亜鉛めっき(屋外に立っている鉄塔と同程度です。)

亜鉛は鉄よりも先に反応する性質があるため、万一鉄素地が露出しても亜鉛が先に反応して緻密な保護皮膜をつくります。
これを犠牲防蝕作用といい、亜鉛が鉄そのものを錆から守ってくれるのです。

テクノビームの芯材となる軽量H形鋼には、防錆作用に優れた溶融亜鉛めっき処理を施すことで、住宅性能表示制度における劣化対策等級3(最高等級)の基準をクリアしています。